2017年5月24日 放送

チューリップテレビ「ゴミノヒカリ」

紹介企業:アルハイテック株式会社

未来を照らすアルミゴミ発電

高岡市で新たな省エネルギー技術が開発された。開発者は運送会社の社員。全く畑違いの分野から、アルミ付き紙パックなど、これまでゴミとして捨てられていたアルミ廃棄物を水素に変えるコンパクトな装置の開発に成功した。

企業概要

エネルギー及び資源リサイクルシステムの研究、開発並びに技術提供/エネルギー及び資源リサイクルシステムの販売メンナンス/電気事業 、電気供給/石油製品、その他油脂製品、その他油脂高圧ガス、液化ガス、化学製品、紙・製品、紙・パルプ、金属製品パルプ、金属製品、毒物劇等の製造、販売

設立 2013年(平成25年)10月
資本金 3億2,150万円
従業員数 7名(平成30年3月31日現在)
代表者 取締役社長 綿貫 勝介
所在地 〒939-1119 富山県高岡市オフィスパーク1
URL http://www.alhytec.co.jp/index.html