2017年6月20日 放送

チューリップテレビ「ニュース6/ココガキニナル」

紹介企業:株式会社笑農和

富山発スマート農法/水管理の省力化を目指す

田植えの後、本格的に始まる田んぼの水管理は農家にとって大きな負担。
その負担を少しでも減らそうと、農業へのIoT技術の活用を進める滑川市の「笑農和」は、遠隔操作で水門を開閉できる装置を開発し、実証実験を行っている。水位や水温のデータはスマホやパソコンで確認が可能で、そのデータを元に遠隔操作で水門を開け閉めする。
担い手不足と大規模化が同時進行する農業課題の解決に富山の技術が挑む。

企業概要

スマート水田サービスpaditchの開発・運営/農業に関するIT 活用コンサルティング/商品企画・マーケティングに関するコンサルティング/米・玄米および農産物の加工品の販売インターネット販売並びに輸出入/システム開発(業務ヒアリングの上、ご提案いたします)

設立 2013年(平成25年)2月14日
従業員数 6名(2018年2月末現在)
代表者 代表取締役 下村 豪徳
所在地 〒936-0027 富山県滑川市常盤町28-4
URL http://enowa.jp/index.html