2017年5月21日 放送

北日本放送「モノヅクリのその先へ」

紹介企業:北陸建工株式会社

「鉄のスペシャリスト」

照明鉄塔や鳥居、高層ビルの特殊鉄骨、トンネルの型枠など、鋼構造物の製造では国内トップクラスで阪神甲子園球場、明治神宮野球場、新広島市民球場の照明鉄塔も手掛けた。2017年に創業60周年の節目を迎え、東京オリンピックやリニア新幹線の整備など、国家プロジェクトに挑戦できる会社を目指す。

企業概要

照明鉄塔製作、無線鉄塔製作、風力発電鉄塔製作、特殊鉄骨(高層ビル、大型ドーム、大型トンネル、海洋土木鋼構造物の建築部材)製作、制振・耐震デバイス製作、合成床版製作、レーザー精密切断、ビルトH形鋼製作、鋼管杭製作

設立 1977年(昭和52年)3月
資本金 3,800万円
事業所

【安田工場】〒936-0825 富山県滑川市安田200-8
【東金屋工場】〒936-0837 富山県滑川市東金屋156-1

関係会社
北陸熔断 株式会社
北陸鋼産 株式会社

従業員数 103名(2017年3月現在)
代表者 代表取締役社長 畠山 進
所在地 〒936-0825 富山県滑川市安田200-8
URL http://www.hokuriku-kenko.co.jp/kenko/