ROUND-TABLE TALK

【座談会】富山で暮らし、働く。
「魅力と不安を語り合う!」

座談会

暮らしについて

皆さん富山での生活を楽しんでいますか?

中村 星の写真を撮るのが好きで、よく友だちと撮影に出かけます。富山は星空がきれいです。特に立山で見る星空は最高!

堅田 それはわかる。富山の夜空は星が多い。大阪では星は見えないです。

小林 会社には登山をする人が多くて、誘われて一度登ってからはまってしまいました。会社から立山連峰がきれいに見え、「ここから見える山は全部登ったぞ」という人もいます。富山県は山に関する楽しみは多いですね。

中西 私も今年初めて登山しましたが、写真で見ていた大自然が、そのまま目の前に広がって感動しました。富山県に住んでいるなら、山を楽しまないと損ですよ。

蓮田 周りに富山マラソンに参加している人が結構います。コースになっている新湊大橋とか、きれいですよね。

関谷 僕は今年蜃気楼を見に行きました。運良く見えましたが、よくわからなくて(笑)…でも満足でした。

橋野 ホタルイカが浜に打ち寄せられるのを見に行ったことがあります。海が一面青く光って、すごくきれいでした。

和田 私もホタルイカを見に行って、獲って帰ってパスタにしました。そこから料理にはまって、最近の趣味は料理です。

山下 ます寿司は富山へ来て初めて食べました。おいしかった! 両親が富山に来たときは家族で食べます。

坂井 私は釣りが好きなのですが、富山県はぐるりと海を囲うように湾になっていて、どこでも釣りができます。いろいろな場所で獲物を狙えるのは、釣り好きにはうれしい。

富山で住み続けるとしたら、不安なことは?

橋野 公共交通の面では不便や不安を感じます。車は自分で運転したくないので…。

山下 富山では車がないと不便ですよね。

中西 車がないと不便かもしれませんが、ちょっと視野を広げると、市内電車など交通手段もいろいろありますよ。

関谷 市内電車は富山ならではですよね。

堅田 富山に住んで驚いたのは雪の量。大阪は雪がほとんど降らないので。

関谷 確かに富山の冬は寒い。水道が凍って困った経験があります。

小林 就職が決まれば、ちょっとリッチな(笑)マンションに引っ越すことができますよ。富山県は比較的家賃は低めで、よりグレードの高い部屋に住めます。交通の面では、新幹線が開通して関東方面の出張は日帰りできるようになりました。東京の居酒屋で飲んで一泊して帰る出張の楽しみがなくなったのは残念ですが。

和田 同感です(笑)。富山は空港もあるので、遠方との行き来もスムーズだと思います。

皆さんの出身県と富山県の違いは?

中村 スーパーでいろいろな魚が氷の上にドン!と置かれて売られているのは初めて見ました。あんな売り方は”海なし県“の長野にはないです。

堅田 地元のとれたての魚が近所で買えるのは魅力です。それと水がおいしい。大阪の水道水は、そのまま飲みたくない。

和田 道路から水が噴き出す融雪装置を見たときは驚きました。私の地元と比べて違うのは、富山県の人は雪に対してあきらめていないこと。

蓮田 富山県の人は謙虚で真面目です。誠実にがんばっている人が多いと思います。

坂井 新潟は広い県ですが、富山県は非常にコンパクト。海も山も簡単に気軽に行けます。県内は中心からどこへでも大体1時間あれば行けるのではないかな?これは大きな魅力です。

中西 石川県は能登半島があって細長く、七尾から金沢へ買物に行くにも車で2時間かかります。富山県はお店などが地域によって偏ることがなく、しかも互いに近い距離にいろいろなお店があるので、たとえばアウトレットへ行って、ショッピングセンターに寄って、コスモスも見て帰る…そんなことが普通にできます。

仕事について

学生の皆さんは現時点で、卒業後富山県で働く考えは?

橋野 私は文系で、業種や職種を絞りこめていません。

関谷 一応考えていますが、富山だけに絞り込んでいるわけではありません。

堅田 僕も当面の問題は所属するゼミを決めること。なので就職についてはまだ考えていません。

蓮田 私もとにかく大学が楽しくて、3年生のときは就職についてあまり考えていなかったなぁ…。でも、その後の経験から言うと、皆さん、そろそろしっかり考えた方がいい時期だと思います。

小林 理系でしたが、商社や銀行などのセミナーにも参加して、本当にやりたいことを見つけていった感じです。やりたいことがわからないときは、そんな方法もあります。

中西 大学3年の頃はまだ教師になると決めきれずに、富山に残るかどうか揺れていました。でも小学校では地域に関して教える授業もあり、離れていた石川県より、学生時代からずっと住んでいる富山県で教師になる方が良い選択だと思うようになりました。

中村 私は星や宇宙が好きで、天文部に入っているのですが、宇宙と関連する通信系の仕事に就きたいと思い企業を調べ始めたところです。

山下 地元に帰りたい思いはあります。でも富山県は医薬品関係の企業が多く、大学の先輩たちも多く就職しているので、医薬品関係の企業情報を集め始めています。

和田 私はもともと製薬業界に興味があり、大学3年の頃には就職先は富山県の会社と決めていました。長野県には製薬会社は少ないですが、富山県は選ぶのが大変なくらい多くの製薬関係企業があり、その点は魅力でした。

坂井 就職先の地域にこだわりはなく、新潟と富山の両方で就活して一番魅力を感じた企業に就職しました。それと大学でアメリカンフットボール部に入っていたので、富山の社会人チームとつながりがあり、知り合いが多かったことも富山に残る理由のひとつでした。

先輩から後輩へ 最後に、富山で卒業後も富山で働き、富山で暮らしている経験を踏まえて後輩へエールをお願いします。
未来の自分へ一言 「もし富山で暮らし続けたら、どんな自分になっているか?」富山でつづく未来を、一人ひとり想像してもらいました。 

HOME > 【座談会】富山で暮らし、働く。「魅力と不安を語り合う!」

会社紹介 世界・全国に誇る富山県企業
会社紹介 テレビで紹介された富山県企業
ドキュメンタリー だから富山で生きていく
富山で社会人デビューあるある
つづく富山、えがく未来

パンフレット・リンク集

PAGETOP