2015年3月31日 放送

テレビ東京「ガイアの夜明け」

紹介企業:三芝硝材株式会社

独自技術のガラスと和紙を合わせ 新たな可能性に挑む

北陸新幹線の開業で活気づく北陸地方の新たな取組みを追った番組で、高岡市の三芝硝材を紹介。独自技術の合わせガラスが北陸新幹線で採用された同社。それをきっかけとして、合わせガラスの技術を応用し、「びるだん和紙」という伝統的な和紙をつくる職人・川原隆邦さんとともに、ガラスと和紙を合わせたパーティションを開発。番組ではその過程を中心にレポートし、建築デザインにおけるガラスの可能性を追った。

企業概要

ガラス加工・販売

設立 1957年(昭和32年)8月29日
資本金 4,875万円
事業所 富山本社(高岡市)、東京支店(東京都中央区)、大阪支店(大阪市)、高岡西工場(高岡市)、赤丸工場(高岡市)、小矢部工場(小矢部市)
従業員数 220名 ※2015年3月31日現在
代表者 代表取締役社長  西 英夫
所在地 〒933-0974 富山県高岡市岩坪23-2
URL http://www.sanshiba-g.co.jp